2015-12-19

ちいさなリズム


埼玉県川越市のコーヒー屋さんのtangoさんにて
企画展「ちいさなリズム」が始まりました。


今回は新しい型のシャツが出来ました。
素材はリネンと綿があります。
大町のおばあちゃんがひとつひとつ仕上げて下さいました。

はじめシャツを作りたいと思ったとき

どんなのを作りたいかなーどんなのが欲しいかなー
お出かけで着たいなー長く着たいなー
ゆくゆくは作業の時とか着てもいい感じだったらいいなー
それなら動きやすさも求めたいなー
色は何が良いかなー
そんなふうに始まりました。

まずはベース作り
思っているイメージを服にしてみました。

いい感じではあるものの襟袖がなんだかちょっと違和感あるものでした
そしてまた違うパターンで作ってみる
今度は胸元がなんかなー
改良版を作る
だんだん良くなってきた。けどボタンの数増やしたいなー
で作る
うんいいぞ。ボタンのバランスもうちょっと良くしよう。
今度は違う生地で作ってみよう
次は色は何が良いかな

なんて感じで少しづつ形が出来てきました。

今回新商品のウールの靴下もご用意出来ました。
今までのシルク靴下の上にもう一枚はくとあったかです


企画展限定ブレンドコーヒー「リズム」
craft BOROBOROさん
自家製酵母 そのつ森さん
そして投げ銭ライブ ヤマザキヤマトさんと、
盛り沢山の企画展「ちいさなリズム」
ワクワク楽しみです。

26、27日在廊致します。









2015-08-21

じりじり

今日はどんよりの天気
土蔵の中で壁と向き合う一日
しばらくぶりのリノベーションです

窓を取り付けるための穴は以前4カ所空けましたが
今日は煙突を出すための穴です。


5度目なので手順はすんなりです。
80年支えてくれてた壁に穴をあけるのは申し訳ない気持ちもありますが
思い切ってお願いしますと心の中で思いながら切っていきます。
グラインダーやのこぎりで壁や貫やこまいを切ります
あいかわらずすごい土ほこりまみれでした
壁と向き合っているといつしか頭の中では最近の自分の事を考えていました。
そしてだんだん自分の弱い所が思い出されてきました
そこを改善しようとか、こう変えたいとか考えていました
いまそんな風に思ってるんだなぁって
納得した頃にぱかっと穴が開きました


なんとなく知っている土蔵の裏の風景です
空気とほこりにいろんな物がすーっと通っていきました
ここは煙の通る道
これからよろしくお願いします

そして漆喰の塗り残しを終わらせて、子ども達のお迎えにいきます。

また明日も続きをやります〜


2015-08-18

サマータイム

周りの景色はすっかり変わって
あっ、
と言う間にお盆が過ぎてしまいました。



最近は東京、石川県、滋賀県、京都府、徳島県へと
伺う機会がありました。

東京へはTURNSカフェながの@銀座NAGANOにて移住や子育てについて
今思っている事をあまり上手には話せませんでしたが、移住を考えている方達とお話出来ました。
少しでも移住のきっかけになれれば!と思います。
素敵な時間と機会でした
どうもありがとうございました。



石川県では21世紀美術館で現代アートに触れました
一つの作品にエネルギーを費やせる事の出来る今のアーティストたち。
その形を体感しました。
染めにも通じるいいしげきになったかもしれません。
金沢のおでんもおいしかった!


滋賀県ではイワナ釣りの経験が出来ました。
人の気がしない沢を釣り登る
奥の方はお父さんたちだけ行く事が出来ます。
一投目から一匹目がかかり
この辺には居そうだなという岩場には
本当に居るという岩魚の宝庫でした。
しかも岩魚の種類もヤマトイワナのみでした。
豊かな自然と案内してくださった方達に感謝して頂きました。



そして藍染め徳島
4件の工房に伺わせて頂きました。
それぞれに個性があって設備や道具も違いがあり
先生たちの生き方もあたりまえだけれども全然ちがいます。
それぞれの形で染めに向き合ってらっしゃいました。
私も自分の形で続けていきたいと思いました。

徳島県はウミガメの産卵地でもあるようです。
長野県は海がないので子ども達は興味津々で海へ入っていました。


阿波の方たちは本当に皆親切にしてくれました
本当にありがとうございました。

そして長野に戻ってくると浦島太郎のようでした
家の周り、畑、田んぼ、畦、法面、至る所が草ぼーぼーでした。
家出る前に刈ったけどなぁ
なんて思いながら少しずつ刈っていきました。

今年の田んぼは不耕起栽培はなかなかうまく行っていません。
有機栽培のほうは順調です。今のところ4年で一番いい調子です


そして早くも秋がやってきた気が、、






2015-06-05

作る造る創る

今朝は少し冷えました
トマトやじゃがいもの苗が心配になるくらいです
実際は霜が降りるという事はなかったようで一安心でした

今日は朝から曇天午後から雨
これからこんな天気が増えてくるだろうと
そしてまた夏がやってくるのだと感じました


今日は豆のお仕事
自然農の丹波の黒豆の種を去年分けて頂きました
がっしりとした枝振りでさやが大きいように感じました
一作たねまきしてみました


そして麦間に大豆たねまき
種を蒔くとき畑の手前と奥で土の質に違いがありました
芽が出てくれますようにと種を蒔きます
そして小豆の脱穀、風選


昨日おととい蔵の中を片付けました
古道具たちが色々ありました
何に使うのかわからない道具
稲刈り機って書いてあるけど使い方のわからない稲刈り機
飯盒、木材、瓶
沢山の物たちをすべて外に出して捨取
中を掃除します
天井、桁、梁、壁、のちりを落として
床を掃くのですが
あまりにほこりがすごすぎるので
水を少しまいたら少し楽でした


リノベーションは続きます









2015-05-27

農シーズン!

お米作りは苗半作とよく聞きます
どんな苗を育てたら良いかと本を読んだり検索したり
近所の方の意見や作り方を見させてもらって参考にしています
種籾の量、苗の葉齢、草丈、茎の太さ、根張り具合などさまざま
田植えの方法や除草法、土の質、水管理によっても
苗の育て方がそれぞれに思う所が有るようです。
それに稲作期間のお仕事や時間スケジュールも関わってきます


今年の苗は育苗箱1枚に200グラム蒔き
3.5葉で長さ15cmでした。ごく普通の苗に近いと思います
その後活着してから竹箒除草をしています
来年へ向けての改善点は4葉の20cmの苗を植えたいと思いました
田植えの時期は10日程ズレそうですが
僕の場合植えてからの管理に苗がリードしていてくれると
助かるなぁと思ったからです
竹箒の方も竹の枝の長さや本数、取り付け角度など改善点がありそうです。


不耕栽培の苗はじっくりと大きく育っていて田植えの時を待っています
田んぼには早くも稗が出てきているので対策が必要です
今年は冬期溜水していたのでいくらか土が柔らかいですが
いい土になるまでには何年もかかりそうです


本当に毎年1年生の気分です。思ったようには行きません
そこが面白い所なんでしょうが今年は去年に比べて
現時点では大分良さそうです。豊作を夢見てがんばります


強力粉用小麦は穂は出始めました
これはとてもうれしい出来事です
思わず笑みを浮かべてしまいました
実りは心を幸せな気分にさせてくれます
色々な生き物たちと共に育っている作物
それを頂いて育っていく子ども達
先日娘が1さいになりました
大雨のなか誕生し1年、早いものです

今週末は東京出店です
石神井公園にて井のいちに出店します
森の中での井のいち文庫やワークショップ等もあるようです
 






2015-04-23

長野に移住して4度目の春

大町は今サクラが満開です

今週いっぱいはきれいだろうなぁと思っています。



農作業シーズンも始まり畑田んぼを見に行ってみたり

種を蒔き始めたりしています。

お米,春菊,クローバー,こまつな,エンドウ,マリーゴールド,ルッコラ

イタリアンパセリ,コリアンダー,カブ

食べれることを願い、苗を育てたり、畑の表面を削って直播してみたりしています



子供達は新学期が始まりました。

田舎暮らしは4年生。

一年の中のお仕事が色々と一気に始まります

天気や時間によって、またひとつずつ始めていきます。

先日まほう堂さんでの展示が終わりました。
どうもありがとうございました。


今週の日曜日は松本四賀kajiyaさんにて
たたき染めワークショップをやらせていただきます。

インドアカネのピンク色に春の草々のかたち

たくさん集めて生地に映していけたらと思います。



2015-02-25

ルヴァン信州上田店 暮らしの布 草木の色


小学校の帰り道
バスを降りて坂を上る途中の
日当りの良い草っ原に福寿草が咲いていた
と娘が教えてくれました。
この辺では春を告げるお花です。
黄色くて毛深い感じでかわいらしい。
本当かしらと思われるくらい、まだまだ寒いこの時期の
2月14日から22日まで
上田市の天然酵母のパン屋さんルヴァンにて
展示販売をさせていただきました。




ルヴァンさんでは2回目の展示。
天気は上々。週末だけの滞在でしたが、
いろんなお客様とお話がはずみました。
最終日にはなんだか春の陽気。
陽気がいいとみんな出かけたくなりますね。

上田と言えば、ルヴァンなのでしょう、
とりあえず来てみました、という県外の方も多く
いらっしゃいました。
しかしながら地元の方にもとっても愛されていて
薦められて食べた玄米キッシュおいしかったなあ。
暮らしのおはなし、たくさんの方としました。
工房を訪ねたいという要望も多く
がんばってつくらないといけないなあ。

今回はインドから仕入れいています手紡ぎ手織りのカディコットンを
使ってワンピースやメンズのトップスもつくりました。
表面がぽこぽこしていてかわいらしいのと
空気を含んでいるのであたたかく
けれど乾きやすく、
さらには染まりやすい。
草木染めと相性がいいように感じています。












そしてなんと展示搬出の翌々日
お礼パンという名のパンたちが届きました。
しあわせ!
末娘は人生初のパンがルヴァンのパンとなりました。
うれしくてこの顔。
よかったね。
ありがとうございます。
ルヴァンのパンはじわっと味わい深いです。
真ん中の息子はスタッフの皆さんといっしょにいただいた朝ご飯のとき
本当にたくさんいただきました。大人より食べてる!と言われちゃったわ!
だっておいしいもんね。
届いたパンたちもあっという間に子たちのおなかにおさまりそうです。


今日も長女が小学校の帰り道
福寿草をとってきました。
今度は三つ。前回は一つ。
雪も溶けてきています。窓をぜんぶ開け放して掃除もできた今日。
空気がすーーーっとすり抜けてきもちいい。

わくわくそわそわ
期待に胸膨らます、そんな時期です。